KEN-BOOUブログ

ブログ・アフィリエイトで稼ぐためのサイト構築をご紹介しています

美容

ミノキシジルタブレットの販売店オオサカ堂について

     

今回の記事では、オオサカ堂についてちょっとお話ししていこうと思います。

オオサカ堂のサイトですが1回見たことある方もいるかと思います。ホントに色んな薬が売ってあります。

個人輸入のサイトで私が前回の記事でも紹介している薄毛の治療薬のミノキシジルとかそれに付随する塗り薬とかサプリメントですね。他にも日本では手に入らないような薬がたくさんあります。そこで実際に僕は購入しています。僕が実際に購入してるのは、ミノキシジルとフィンペシアでセットを主に購入しています。

ミノキシジルでオオサカ堂に行きついた理由

ではいろいろ商品がある中であなんで僕はこのオオサカ堂を選んだかっていうと単純に商品が安いからです。

ココがポイント

オオサカ堂に行きついた経緯

・単純に価格が安い

・金銭面的な理由

私は元々薄毛に悩んでたというか抜け毛が多かったのが行き着く理由でした。僕の親戚も薄毛の人が多かったです。手を打とうと思ったんですけど、お金が全然ないので AGA 治療に行くのもちょっとためらっていました。AGA 治療に行くと薬を飲んだ後に、処方されたり後は頭皮スコープで見たりと、何万円と勝手になるので、高いからどうしようかなと悩んでいた所にオオサカ堂!!

これだったら薄毛のミノキシジルタブレットの個人で輸入できるじゃんみたいな感じで行きつき、いろんな商品をレビュー書いてるので、使いやすかったのが理由です。

オオサカ堂のメリット・デメリット

ココがポイント

オオサカ堂のメリット

多くの医薬品があり価格も安い

ココに注意

オオサカ堂のデメリット

何か身体に異変が起きたらすべて自己責任

オオサカ堂めちゃめちゃ安いけどデメリットとしては、もし自分で病気になったら変な症状が出たとしても全部自己責任です。

オオサカ堂の個人輸入はなぜ安いのか

確かにオオサカ堂は安いんですよね。個人輸入でこんなに安くて大丈夫なの?って思う人もいると思います。結論から言いますとジェネリックだからです。

ジェネリック医薬品というのは簡単に言えば、特許が切れた薬を同じ作り方で作って、そして安く売るっていうものですね。一番最初にその医薬品を作った会社っていうのは開発費がかかってますからその開発費を回収するために2年間特許を取って独占販売できるのです。

でもそのままだと薬の価格は高いままですから特許が切れたら、他の製薬会社の真似してその薬を作れるようになるんです。開発費はかかりません真似してるだけですかだから安く売れるということになります。一般的なジェネリック医薬品の話ですが、個人輸入に関しては安いもう1つのからくりがあります。

個人輸入で売られているフィナステリドを主成分としたジェネリック薬品を調べてみてください。ほとんどインドで作られてるはずです。実は先ほど説明した医薬品の特許っていうものは、二種類あって一つは成分の特許もう一つは作り方の特許です。

インドという国は作り方の特許というものは認めていますが、成分の特許についてはないも同然です。詳しいことを話すと長くなるのでインドには成分の特許がないんだと思ってください。

作り方の特許はあるけれども成分の特許はないそれを裏返して考えてみると、作り方さえ変えれば同じ成分の特許がまだ切れてない薬を真似して作ってもいいということになりますよね。

インドが作っているジェネリックはまだ特許が切れていない薬がたくさんあります。

何でインドがこんなやり方をしてるのかと言うといいのって人口が多いです。経済的に豊かな人ばかりではありません。薬が欲しいけど高くて買えないって言う人がたくさんいるんです。だから国民の健康を守るためにインドは自分の国の中で安く薬を作って安く国民に売っているという側面があります。

ただ、インドにはもう一個狙いがあります。せっかく安く作るんだったら他の困ってる国にも売ろうということです。そしてインドは自分の国そして新興国に安く薬を作って安く売ることによって経済成長してきました。

実際インドが作ってるジェネリック医薬品がなくなったら貧困国の医療は崩壊すると言われてます。こうした背景があるからインドは低コストで医薬品を作る技術力が磨かれてきました。

個人輸入が危険だと言われる理由は何なのか

インドの工場の品質管理の問題と偽物が流通しているという問題があります。

インドの工場の品質管理の問題なんですけが、これは主に衛生面ですねインドのジェネリック医薬品っていうのは、国民のために貧困国のため安く売らなきゃいけない。そのためには安く作らないといけないので、安く作るためには低賃金の労働者を工場で働かせないといけないってことになります。

そして、その結果として衛生面の厳格な管理が難しくなってしまいます。例えば窓が開いていたせいで不純物が混入したとか無菌室のはずが余分な成分が紛れ込んでしまっただとか。

ただもちろん全部の工場がこんな管理体制というわけではなくて、これは一部の悪質な工場の話だと思います。

次が治療薬の偽物が流通しているという問題です。2016年にこういう調査がありました日本の製薬会社4社が共同で個人輸入を使って治療薬を購入したらしいんです。それが本物かどうかっての調べました。その結果国内で発注した45個の治療薬のうち16個35.6%が偽造品だったということなんですね。

そして寄贈品の成分を分析すると正規品よりも有効成分が多いものだったり、少ないものだったり、後、正規品とは別の成分が含まれていたものなどいろいろあったそうです。やっぱり個人輸入って偽物出回ってて不安になりますよね。

確かに出回ってますこれは事実です。ただ2018年に税関で輸入差し止めをされた偽造医薬品ってのは2872件ありますが大半が治療薬だったと報告されています。その薬の中にはフィナステリドとミノキシジルの偽造品が見つかったという事例は一件もありません。

厚生労働省が出している個人輸入において注意すべき薬の中にもフィナステリドとミノキシジルの薬というのは入っていませんでした。

 

クリニックと個人輸入のミノキシジルタブレット違いは何なのか

個人輸入で買う薬とクリニックで処方される薬の何が違うのかということをお話しします。ミノキシジルは今のところAGAに効果がある成分の代表格です。

そして個人輸入でも買えますしクリニックでも処方してもらえます。クリニックの場合はこれに追加して別な成分であるとかビタミン剤なんかを処方することもありますが、これらは気休めで効果はありません売り上げのためにつけているだけです。次に入手できる薬の種類について比較してみます。

個人輸入で買えるのは未承認の薬だけっていう風に思ってる方もいるかもしれませんが違います。両方買えます承認薬も未承認薬も個人輸入で入手することはできます。

承認薬というのは、厚生労働省が成分を検査した上で日本で流通しても良いですよ。と許可を与えた薬のことです。

AGA クリニックは大体自分の所のオリジナル医薬品を作って販売しています。

オリジナル発毛薬としてうたっています。ミノキシジルやビタミンなどのサプリメントを混合しているクリニックもありますが、粉砕機で粉上にしてカプセルに詰めクリニックオリジナルのパッケージまで作ってわざわざそれに詰め替えて処方しているクリニックもあります。なぜ、クリニックはわざわざこんな手間暇をかけてオリジナルの薬を売るんでしょうか?

理由は二つあります一つ目の理由は付加価値をつけて利益を出すためです。オリジナルっていうことにすれば高く売れるんです。

2つ目の理由はオリジナル化され薬の内容が患者さんに分かりにくいので、患者さんはよく分からないから比較のしようがないのです。

では入手ルートと安全性について、誰の手を渡って患者さんの手元に届くのかこれが問題なわけです。個人輸入の場合はもうそのままですね個人向けの輸入代行業者を返して手元に届きます。

クリニックの場合はお医者さん向けの輸入代行業者を通してさらにお医者さんを通して患者さんの手元に薬が届きます。

個人輸入は 自分で全部手続きをして、国際郵便で荷物が届くわけですから不安です大丈夫だろうかという気持ちになります。

クリニックに関しては安心です。病院という建物の中で白衣を着たお医者さんが処方してくれる薬だから安心感があります。個人輸入にしても成分は全く同じです。

通院についてですが個人輸入は当然ですが、通院の必要はありません。ただクリニックは通院する必要があります。次に費用について個人輸入は安いです。

比較するとクリニックは高いです。全く同じ薬を買うにしてもクリニックの方がかなり高くつきます。この安心して通院費用のお話をするとクリニックは安心を買いに行く場所だということが言えると思います。

全く同じ成分で安心をお金で買うか、オオサカ堂で安さを選ぶかはあなた次第です。

フィナロイド100錠 + ミノキシジル10mg100錠

-美容

Copyright© KEN-BOOUブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.